*

インドで高確率で遭うトラブルを把握しておこう!

パスポートをなくした!荷物をとられた!交通事故にあった!などは他の外国でもよくあるトラブルですよね。

パスポートをなくした場合は警察に届けて大使館に連絡しましょう。

取られた荷物はかえって来ませんし、ホテルでとられた場合も補償などは一般的にありません。交通事故は海外旅行保険で補てんしましょう。

 

このような、万が一のトラブルのための知識も必要ですが、インドに降り立った瞬間から襲い掛かる数々のトラブルの知識は楽しく旅行をするためには欠かせません。頭に入れておくだけでそのトラブルに見舞われたときに、余裕をもって対応できることでしょう。むしろ、知っておくだけで、お、このトラブル、チャレンジで見た!なんて楽しむこともできるかもしれません。

 

病気

風邪や下痢はもっともインドでかかりやすい病気の一つです。

風邪は旅の疲れや夜の冷え込みによってかかりやすいでしょう。滞在を何日か伸ばして体を休めましょう。このときの食べ物はフルーツなどがおすすめです。また、薬がない場合も薬局で薬を売ってくれます。私がかかったときは三種類の錠剤1週間分を300Rsで処方され、飲むと一日で治りました。安全性はわかりませんので自己責任でお願いします。

下痢は、早い人で到着して半日でなります。インドの通過儀礼みたいなもので、インドの旅は下痢と共にあると思っておいた方がいいでしょう。嘔吐を伴ったり、高熱がでたり、色がおかしい場合は病院へ。宿の人に頼めば紹介してくれるでしょう。

 

他にも、コレラ、マラリアA型ウイルス肝炎などの病気も運悪くかかることもあります。とにかく味わったことのない体調不良は我慢せず病院にいくようにしましょう。私立の病院で検査が1万円くらいということを目安にして病院を選びましょう。また、海外旅行保険の加入やクレジットカードに海外旅行保険の付帯がある場合は、まずそちらのデスクに電話をするとちゃんとした病院を紹介してもらえます。

 

 

詐欺

商店のおじさんから街をふらつく青年、無邪気に話しかけてくる少女まで、基本的に積極的に話しかけてくるインド人は詐欺まではいかずとも、なにかを売りつけてぼったくってやろうという魂胆でいます。なにか欲しいものや用事がない場合は無視するか、暇つぶしに相手をしても口車にのらず、またついていかず、その場で巻きましょう。

 

インドについてすぐは本当に詐欺に遭いやすいです。良く聞くものとしては、

 

*空港から街にでるために乗ったタクシーに旅行会社に連れていかれて何万円もするツアーを組まされた。

*空港から予定の宿に行こうと行き先を告げたら「そこらへん一帯は今日休みだ」

と言われ割高なホテルに連れて行かれた。

*列車のチケットを買おうと駅に行くと、外国人用の窓口はこっちだと旅行会社に連れていかれた。

*両替商の看板がでていたので行ったら旅行会社だった。

 

 

私が聞いた話ではタクシーにのっていると強盗に遭い、運転手が強盗を追っ払ってくれ、インドは危険だからツアーを組んだ方がいいと言われ旅行会社でツアーを組まされる・・・なんて巧妙な詐欺も!本当にあの手この手で旅行会社でツアーを組ませようとします。

対処方法としては、一泊目の宿は日本から予約して送迎してもらうか、違うところに連れていかれたら絶対下りずに文句を言い続けることです。うっかり旅行会社に足を踏み入れてしまったら、強気な態度で断り続けましょう。私は日本語で怒り続けたら解放されました。

インド人は意外と暴力を好みませんので、こちらが強気にでると案外簡単に引っ込みます。

ちなみにすべての旅行会社が詐欺を行っているわけではありませんので、必要に応じて旅行会社を利用しましょう。まあ、どこにいっても薄くマージンはとられますので旅行客の宿命として受け入れるか、しっかり値切りましょう。

 

身に危険が及ぶトラブルの事例としては強盗や睡眠薬強盗です。

人気のない場所を一人で歩いていて後ろから襲い掛かられたり、インド人にすすめられるがままに口にしたチャイなどに睡眠薬がしこんであり身ぐるみはがされたり、列車内でトイレに行った隙に持ち込みのペットボトルに薬を盛られたり・・・

旅の途中でインド人の陽気さに油断しているときに起きやすいトラブルです。インドに限らずどの国にも一定層悪い奴はつきものですので、旅は一人で行うものであることをしっかり自覚して自己管理しましょう。また、こうしたトラブルは警察はとても協力的ですので事件が起こってしまったときは泣き寝入りせずすぐさま通報しましょう。

 

 

他にも、よくあるのは遺跡付近では勝手についてきてペラペラとしゃべり倒してちょっと相手にするとガイド料をとられたり、ガンジス川で女の子にこの花に両親への思いを込めて流してくださいなんて言われてうっかり流したら花代とられたり、オートリキシャを降りるときに乗車前と交渉した金額と違う金額を請求された、なんて小さい金額ですがインドの旅行中はコツコツと騙されます。

 

インドでは少しでも納得いかない!と思ったら毅然とした態度で交渉をしましょう。

ad


ad


関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荷づくりをしよう!

滞在スケジュールとチケット・ビザの取得が完了したら、荷造りをしましょう...

記事を読む

airindia

チケットとビザを取ろう!

インドへの直行便は成田航空からはJAL、ANA、エアインディアが、関西...

記事を読む

map

滞在スケジュールを考えよう!

旅行会社でツアーを申し込むときは、行き先と時間の決まったプランから選び...

記事を読む

新着記事

風船

インド人の特徴

色が黒くてぎょろぎょろした目が特徴的なインド人。 日本にはほとんどいな...

記事を読む

bill

通貨とレートとお金事情

インドの通貨単位はルピーRsです。その下にパイサがありますが、まず使う...

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荷づくりをしよう!

滞在スケジュールとチケット・ビザの取得が完了したら、荷造りをしましょう...

記事を読む

airindia

チケットとビザを取ろう!

インドへの直行便は成田航空からはJAL、ANA、エアインディアが、関西...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

ad


風船
インド人の特徴

色が黒くてぎょろぎょろした目が特徴的なインド人。 日本にはほとんどいな...

bill
通貨とレートとお金事情

インドの通貨単位はルピーRsです。その下にパイサがありますが、まず使う...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
インドで高確率で遭うトラブルを把握しておこう!

パスポートをなくした!荷物をとられた!交通事故にあった!などは他の外国...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
荷づくりをしよう!

滞在スケジュールとチケット・ビザの取得が完了したら、荷造りをしましょう...

airindia
チケットとビザを取ろう!

インドへの直行便は成田航空からはJAL、ANA、エアインディアが、関西...

→もっと見る

PAGE TOP ↑